FC2ブログ







実際のデータを元にアクションを 

 

ウエブサイトやブログを活用するためには、お客さま視点に基づいた作りにしなくてはなりません。

コンテンツであったり、レイアウトであったり、その内容は様々です。

 

では、どのようにすれば、お客さまの視点に基づいた作りにできるのでしょうか?

それは、現実にお客さまのとった行動なり、意見を取り入れることです。

 

例えば、レイアウトをお客さま視点で考える場合

アイトラッキングテストで被験者の視線を追跡するのがベストです。

 

制作したウエブサイトなどを実際に被験者が

「どのように見ているのか」

をデータ化することでができるからです。

 

このデータを参考にすることで、お客さまの視点に立った、動線設計や、広告が可能とななり、効果的なレイアウトができるのです。

 

このように、お客さまの視点でものを見るときは、実際にテストするのが一番です。

 

お客さまの気持ちを分かったつもりになって、自分たちの感覚だけで前に進むのではなく、テストを繰り返して、実際のデータを元にアクションを起こすようにしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/06/15 18:51 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)