FC2ブログ







売り手視点の4Pを押さえてますか 

 

売り手視点にたった打ち手で重要なのは、4Pをいかに上手に押さえているかどうかです。

4Pがしっかりと押さえられていないと、打ち手としては不完全なものになってしまいます。

 

例えば、

商品の品質が良くても価格が高すぎたりしたら、売れるでしょうか?

他にも

商品の価格やデザインは良くても、流通過程に問題があって、いつも品切れだとしたらどうでしょう?

 

このような問題のある商品を、お客さまは欲しいと思って購入するでしょうか?

たぶん答えはNOです。

 

お客さまにNOと言われないよう、各項目をバランス良くしっかりと押さえることが必要です。

みなさんが取り扱っている商品をチェックして、もし何かに問題があるのならすぐに改善を図るようにしてください。

 

 

4Pとは

 

Product(製品)

商品(有形)やサービス(無形)のことを言い、品質、種類、デザイン、ブランド、保証、パッケージングなど

 

Price(価格)

支払う代償のことを言い、希望価格、販売価格、値引き、割引、支払い条件など

 

流通(Place)

届くまでの経路のことを言い、物流、小売り、運送、在庫、品揃えなど

 

プロモーション(Promotion)

伝えることを言い、広告、販売促進、パブリシティ、セールス・フォース、オンライン・マーケティングなど

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/05/25 21:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

5月25日(月) 01 

 

06:25

接着剤。

早く着くようにできれば、瞬間接着剤。

ゆっくり着けば、遅間接着剤。

着かなければ、ポストイット。

その商品が成功か失敗かではなく、ようは売り方の問題だといえます。

 

10:59

CDやDVDの表面に、文字や絵などを書いてはいけないと思ってる方も少なくありません。

裏面のデータを書き込みする面はダメですが、表面は文字や絵を書いても大丈夫です。

コレと同じように、商品の知識などお客さまはほとんど知らないのものです。

だから、徹底的にPR(パブリック・リレーションズ 〈Public Relations〉)することが大切なんです。

 

15:18

「図解で分かりやすく説明する」

これはとても効果的な販売手法です。

記号よりも文字、文字よりも図解のほうが、お客さまは理解しやすくなります。

理解できるということは、一歩購買に近付いていると言うことです。

これを、もう一歩踏み込めば映像になるということも、覚えておいてください。

 

 

・メインブログ更新速報(5月24日)

 

「作業効率を高めるには、手順を記録する」

 

上記1件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/25 16:13 ] 思考 | TB(0) | CM(0)