FC2ブログ







“品質”“サービス”“価値”を提供してください 

 

マーケティングを短期間で売り上げを上げるためにテクニックというように誤認識されている、会社やお店のトップのかたも少なくありません。

 

なぜ誤認識かと言いますと、こういう考え方を突き詰めると、過当競争を助長する手段にしかならないからです。

 

では、ご認識のまま進むとどうなるのでしょうか。

皆が皆、同じ考えでテクニックを使えば使うほど、売り上げが上がるどころか益々激しい過当競争に巻き込まれるだけです。

 

こうならないためには、みんなが正しい知識を身につけることです。

テクニックとは、顧客価値を生み出すためのものであり、それにより顧客を「獲得」「維持」「育成」するためのものだと理解することです。

 

最終的な目的は、

「“品質”“サービス”“価値”をお客様に提供すること」

だということを忘れないようにしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/05/23 21:36 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

5月23日(土) 02 

 

10:56

短い納期に対応できる能力は、それだけで強いUSP(独自の売り)になります。

同業他社の半分の納期で、納品できるとしたら…

きっと、一歩抜け出すこと間違いなしです。

早速、短縮できるものはないか、考えてみてください。

 

13:01

制約を設けると打ち手のアイデアは広がりません。

最初はただひたすらに、アイデアを広げることが大切です。

後で絞り込めばいいのですから。

 

15:07

「衰退期の商品は安売りしかない」

こう思われていますが、果たしてそうでしょうか。

本来価値があれば、衰退期でも高く売れるはずです。

 

17:20

手書きでポップを書くほうが、反応が良くなります。

活字は冷たい感じがしますが、手書きはハートが伝わるからです。

印刷した活字より、手間が掛かっても手書きのポップに変えてみてください。

 

20:37

「数多く売れてます」

こういう書き方ではダメです。

具体的に、

「先月は100個売れました」

とすることです。

もう一歩踏み込めば

「累計で10,000個うれてます」

というように、累計まで付けるともっと効果が有ります。

 

 

・メインブログ更新速報(5月22日)

 

「身近なものの中に、ヒントが隠されてます」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/23 21:05 ] 思考 | TB(0) | CM(0)

5月23日(土) 01 

 

00:38

ニッチな分野に参入するときは、既存の企業の成長率を見る前に、市場の成長率をみることが大切です。

いくらニッチな分野でも、市場が成長していないと、いずれ衰退します。

 

01:42

支払いの方法は多数ある方が良いといえます。

「少ないより多い方が、購入の確率が上がる」

当たり前のことですが、重要なことでもあります。

あらゆる支払い方法が用意できてない会社やお店は、今すぐ手を打ってください。

 

02:46

幻の生物・ツチノコを探す探検イベント「つちのこ探検隊」が、23・24日、新潟県糸魚川市能生地区で開催されるようです。

「生きたままツチノコを捕獲すれば賞金1億円」

一攫千金、宝くじ感覚でお客さまを呼び込むには、丁度良いイベントです。

 

03:09

マスク10枚、10,000円

こんなビックリする値段でも、欲しいと思う人がいれば売買は成立します。

ですが、こういうやり方は商売人としてのモラルが問われます。

「儲けるにしても、儲け方がある」

この気持ちを大切にして欲しいと思います。

 

08:40

「広告の見え方を変える」

安上がりですが、とても効果的です。

なぜなら、人間の記憶はいい加減なところがあります。

なので、全く違う広告として認識してしまうからです。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/23 14:43 ] 思考 | TB(0) | CM(0)