FC2ブログ







5つの要素を駆使しよう 

 

ビジネスは、お客さまや同業他社の手の内を読みながら進めるので、将棋・チェス・トランプなどのゲームとよく似ていると言われます。

 

では、ビジネスをゲームという観点で考えると、どのような手法があるのでしょうか。

代表的なのが、ジョン・フォン・ノイマンによって提唱された数学理論の、ゲーム理論です。

 

以下に示す5つの要素にどのような力を加えれば、自分に有利になるかをを考えてビジネスを展開する手法です。

 

・プレイヤー(Player) P

お客様、供給者、補完的生産者、競争相手

・付加価値(AdvanceValue) A

企業の持つ価値

・ルール(Rule) R

ゲームのルール

・戦術(Tactics) T

優位に立つための打ち手

・範囲(Scope) S

影響範囲

 

実際のビジネスはゲームのようにはいきませんが、ゲーム理論も打ち手を考える上で、とても役に立つ手法です。

 

みなさんも、5つの要素を駆使して、ビジネスで勝利を収めましょう。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/05/09 21:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

思うことがうまく伝えられるように 

 

みなさんも仕事上、何かと文章を書く機会が多いのではないでしょうか。

 

ビジネスブログなんかを書くにしても、

「文章力がもっとあったら…」

なんて、思うこともあるのではないでしょうか。

 

ちなみに、私はいつも思っているのですが…

 

そこで、ちょっと目に留まった記事をご紹介します。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

 

『弁護士が書いた究極の勉強法』『弁護士が書いた究極の読書術』に続き、第3弾となる本書のテーマは文章術。小説の書き方ではなく、ビジネスの現場で書く文章や大学のレポートなど、実用文の書き方がわかる本です。読み手はお客様であり、文章はサービス。サービスであるならば、難解な文章なんて論外です。読んだ人が短い時間で素早く論点を知ることができる、分かりやすい文章を書くにはどうしたらよいのか。具体的なヒントが28個書かれています。仕事のメールや報告書作りなど、文章を書く機会が多い方にはとても参考になると思います。

 

出典 丸の内オフィス(http://book.marunouchi-office.jp/)

 

 

誰でも難解な文章を読むより、読みやすい文章を読みたいと思うはずです。

ですが、現実に読みやすい文章を書くとなると大変です。

 

そこで、こういう本でポイントをつかんで、文章の勉強をしてみるのも良いのではと思います。

 

文章がうまくなり、思うことがうまく伝えられるようになれば、お客さまとの関係も、より良好になるのではないでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月8日)

 

「この10年の変化に、ついていけてますか」

「担当者の声を届けてください」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/09 17:18 ] その他 | TB(0) | CM(0)