FC2ブログ







ビジネスを優位に勧めるためには… 

 

会社やお店の知名度を上げるためには、宣伝・広告も大切ですが、広報活動に力を入れることことのほうがもっと大切です。

ちなみに、ここで言う広報活動とは、記事にしてもらうことです。

 

ではなぜ、記事にしてもらうことが大切なのかといいますと、

 

宣伝・広告 = 信頼性 低

宣伝・広告は会社やお店がスペースを購入して掲載・放映しているので、掲載料さえ支払えば、いつでも雑誌・新聞のトップ一面を飾ることが可能であり、会社やお店の都合の良い内容でも可。

 

記事 = 信頼性 高

記事は、基本的にはコストが掛からないが、公的な立場でフィルタリングされ、客観的に価値判断されるため、価値のないものは掲載されない。

そのため、信頼性は高い。

 

このように、記事は信頼性のある情報しか取り扱ってくれませんので、記事の受け手にとっては信頼性の高い情報といえるからです。

 

そのため、記事として取り上げられると、高い信用力を付けることが可能になるのです。

 

みなさんも、ビジネス活動を優位に勧めるために、ぜひ、広報活動に力を入れてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/05/08 19:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

たまには、広い宇宙に思いを馳せて 

 

今日は、少しスケールの大きな記事を取り上げたいと思います。

それは、国立天文台と東京大などの研究チームが観測した、モンスター銀河の記事です。

 

一般的な銀河の1000倍の速さで星を生み出すというのですから驚きです。

 

宇宙には、私たちの知らないことが、まだまだ、たくさんあると思うと、感慨深いものがあります。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

「怪物銀河」が30個、115億光年先に群れ発見…東大など

 

アステ望遠鏡がとらえたモンスター銀河(赤色)=国立天文台提供 115億光年先の宇宙で、一般的な銀河の1000倍の速さで星を生み出す巨大な「モンスター銀河(怪物銀河)」が群れ集まる様子を、国立天文台と東京大などの研究チームが、南米チリの電波望遠鏡「アステ」を使って世界で初めて観測した。

 

7日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 

モンスター銀河は、年間数千個もの星を生み出し、地球を含む銀河系より数倍重い。これまで個別の観測例はあったが、今回はみずがめ座の方向で30個を撮影することに成功した。

 

モンスター銀河は、大量のガスやちりに覆われているため、可視光や紫外線では観測できず、電波望遠鏡でのみ観測できる。

 

国立天文台の田村陽一研究員は「モンスター銀河の分布が初めてわかり、今後の研究で銀河の進化過程に迫りたい」と話している。

 

出典 YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090507-OYT1T00470.htm)5月7日

 

 

こういう記事を読むと、宇宙というのは「ホントに広い」と改めて実感します。

 

考えてみると、私たちが住んでいる地球なんて、小さな星の一つにしか過ぎません。

宇宙からすれば、広大な銀河でさえ小さなものなのですから…

 

みなさんも、たまには、広い宇宙に思いを馳せて、日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月7日)

 

「常識の反対側にあるものが、すべての鍵(かぎ)」

「90パーセントが失敗でも大丈夫です」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/08 17:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)