FC2ブログ







間違えて使っていると効果がありません 

 

みなさんの会社やお店でも、いろいろな打ち手を実行していると思います。

そうすると、定期的な見直しの必要も出てくるはずです。

 

そんな時大切なのが「改善すべきか」「改革すべきか」を検討することです。

なぜなら、方向性が間違ってなければ「改善」で効果を出すことが可能ですが、方向性が間違っていれば「改革」が必要になるからなんです。

この二つを間違えて使っていると、いつまで経っても効果がないということになります。

 

ちなみに、改善と改革の違いは

 

・改善とは

現状のやり方や手順、手法を大幅に変更せずに、現状に立脚した考え方に立ち一部変更に留めることを言います。

時間が掛かりますが着実であり、継続的に行うことが出来る利点があります。

 

・改革とは

現状のやり方や手順、手法に固執せずに、思い切ったやり方で内部に変化を作り、大幅な抜本的変革をすることを言います。

改革はリスクが高いですが、短期間で目標が達成できる利点があります。

 

この二つの違いをよく理解した上で、今、みなさんの会社やお店に、「改善」が必要なのか、それとも「改革」が必要なのかを見定めて見直しを行ってください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/05/07 19:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

オラクルのケースを勉強してみる 

 

積極的な企業買収の手法が各方面から注目を集めているオラクルが、ついにサン・マイクロシステムズを手中に収めました。

 

これによりオラクルは、垂直統合型システム・プレーヤーとなるわけです。

ですが、巨人といわれる、IBM、MSを敵に回したということも事実です。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

サン買収でIBM、MSと最終決戦へ!

IT業界の風雲児オラクルの気炎万丈

 

IBMによる買収交渉が破談に終わったサン・マイクロシステムズが、オラクルへの“身売り”を決めたことで、IT業界に波紋が広がっている。IBMによる買収話がお流れとなったのは、4月初めのこと。オラクルの発表は、その2週間後というスピーディーさだった。この間、サンの株価は下がり続け、経営破綻も免れないのではとの噂すら広がっていた。

 

オラクルによる買収額は、IBMの提示額(70億ドル)を上回る74億ドル。しかもオラクルとサン両社の相乗効果が評価される中でサンの技術力が輝きを増し、「IBMはさぞかし後悔していることだろう」という発言すらIT業界の中枢から聞かれるようになってきた。何と言っても、オラクルは、サンを手中に収めたことでハードウェアを加え、完璧な垂直統合型システム・プレーヤーとなり、IBMの最大の強敵として立ち現れたからである。

 

オラクルはここ数年、積極的な企業買収によって、企業向けソフトウェアのコマをひとつひとつ埋めてきた。2005年以来同社が買収したのは50社以上で、費やした額も400億ドルを超える。その結果、オラクルは従来のデータベースだけでなく、顧客管理(CRM)、企業パフォーマンス管理(EPM)などをパッケージ化した企業資源管理(ERP)プラットフォーム、ミドルウェア、インフラストラクチャーなどを一括して、いわゆる「ワンストップ・ショッピング」方式で顧客企業に提供できるようになっていた。

 

出典 ダイヤモンド・オンライン(http://diamond.jp/)5月01日

 

 

ここ数年、強力な手法で企業買収を推し進めて、事業規模を拡大させてきたオラクル。

 

約5年で50社以上の買収を成功させている手法は、良くも悪くもケーススタディーとして勉強の必要があると思います。

また、急激に事業規模を拡大した歪みを、どのような手法でとっているのかという点にも興味があります。

 

オラクルの手法はきっと役に立つと思いますので、みなさんも勉強してみてはいかがでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月6日)

 

「周りから見れば超リッチなんです」

「いち早く新しいステージに進んでください」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/07 17:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)