FC2ブログ







ニッチな市場で商売するには 

 

商売で大切なのは、限られた市場で商品をお客さまに買ったもらうことだ。

 

もっとわかりやすく簡単に言えば、人口の少ない町で、そこ住まわれている人に、あたなの会社やお店の商品を販売することだ。

 

なぜなら、大きな市場は、大企業がほぼ占拠しているのだ。

残されているのは、ニッチな市場だけだ。

 

だから、難しい。

一筋縄では、うまくいかない。

 

でも、売らなければ、あなたの会社やお店は存続できない。

 

こんな状況で、普通の営業や広告をして、お客さま反応するだろうか。

たぶん、無理だ。

 

きれい事では、商売は成り立たない。

一人一人のお客さまのハートをガッチリつかむしか、道はない。

 

そのためには、泥臭く、いくしかないのだ。

このことを、よく理解してないと、商売は成功しない。

 

商売がうまくいってないときは、こういう点を再点検して、再出発を図ってほしい。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/04/19 18:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

この企業にも影を落としていたのか 

 

ちょっと目を疑ったニュースが載っていた。

経済不況は、この企業にも影を落としていたのか、改めて実感した。

 

・ニュース拾い読み

 

Googleの成長に急ブレーキ 売上高の伸びが1けたに

 

米Googleは4月16日、2009年第1四半期の決算を報告した。これまで2けたペースで売上高を伸ばしてきた同社だが、成長率の鈍化が顕著になった。

 

Googleの売上高の対前年伸び率は2008年第1四半期が42%、以降39%増、31%増、18%増と次第に伸びが鈍っていた。今回は6%増の1けた成長となり、大幅な減速となった。

 

直営サイトおよびパートナーサイトに掲載した広告のクリックは前年同期から17%増えた。トラフィック獲得コスト(TAC)は14億4000万ドルで、広告収入の27%に上った。

 

出典 ITmedia News(http://www.itmedia.co.jp/news/)4月17日

 

 

この記事で、特に目を引くのは、クリック広告(アドセンスやアドワーズ)は前年同期から17%増なのに、減益が止まらない状態だ。

このまま、いくとGoogleといえども、厳しい状況になる。

世界的な経済不況は、Googleさえも例外ではなかったようだ。

 

  

・メインブログ更新速報

 

早速、メールが来ていたので、質問にお答えする形で、ブログに人を集める手っ取り早い方法を記載。

 

お時間が許せば、

 

上記ブログまで、お越しください…。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/04/19 18:31 ] その他 | TB(0) | CM(0)